大磯町立図書館

〒255-0003
神奈川県中郡大磯町大磯992

TEL: 0463-61-3002

  • 資料検索
  • 新着図書
  • 最新予約べスト30
  • 最新貸出ベスト30
  • 雑誌一覧
  • 図書館ミニだより
  • 利用案内
  • 図書館カレンダー
  • 催し物
  • 図書館ボランティア募集
  • 町史刊行物
  • こんなときは?ガイド
  • リンク
HOME
研究14

大磯町立図書館トップ町史刊行物>大磯町史研究14


大磯町史研究14A5判 114ページ 平成19年3月刊行 

今14号は、大磯の地名から往時の歴史や様相を探し、昭和30年代の鴫立庵の活動を検証、
戦前から戦後、幼稚園と地域社会とのかかわりを論考、明治〜昭和30年までの左義長、高麗寺祭
の記事を抽出・解説、大磯に自生・植栽する薬用植物について詳細に報告し、歴史、教育、民俗、
自然の分野から5つの研究テーマを収録しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 収録内容 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『地名から学ぶわが町の歴史』 生活用語としての地名     平塚市教育委員会   土井 浩

内容 郷土の歴史を研究する一つとして、地名の語源や意味を探る方法がある。近世から現代に

   かけて、往時の地名、行政境、地名の変遷等を見ることにより、大磯の歴史、様相を探る。

『新町発足後の鴫立庵』 歴史文化遺産・観光資源としての継承 大磯町史総括編集委員 松元 宏

 内容 鴫立庵について、大磯・国府の合併後の主に昭和30年代に焦点をあて、文化事業・活動が

     町や住民によってどのように継承発展されてきたのかを検証する。

『公立幼稚園の地域社会史序説』 

町立大磯幼稚園の戦前・戦中・戦後を事例として    大磯町史執筆委員 上田誠二

内容 大正15年開園の大磯幼稚園は町民教育・公民教育の出発点を担っていた。戦前・戦中・戦後

   を焦点に、幼稚園が地域社会に何を働きかけ、社会をどう変えようとしたのかを論考する。

『新聞記事にみる大磯町内の民俗行事(一)』   

資料調査協力者 飯田福信 大磯町郷土資料館学芸員  佐川和裕

内容 新聞記事として記録された大磯の民俗行事を、往時の様相を知るための補助的情報源と

   捉え、明治〜昭和30年を区切りに、「セートバライ(左義長)」と「高来神社春季大祭

   (高麗寺祭)」の記事を抽出、解題する。

『大磯薬用植物考』                    植物研究家 石井竹夫

  内容 大磯町の薬用植物について5年間にわたる独自研究調査。自生種なのか、あるいは植栽種

     なのか、また、どのように利用されてきたのかを詳細に報告する。また、有毒植物、

     花粉症誘発植物も付加した。

page top


大磯町立図書館トップ町史刊行物>大磯町史研究14